コンテンツへスキップ

ガン患者のお世話がとても大変でした

義理父がガンで入院した時に私が色々とお世話をしました。義理父は普段からとても穏やかな人で優しかったのですが、ガンだとわかり入院してからとても我儘になりました。ガンだとわかって辛い気持ちはわかるのですが、まるで別人ようになってしまいすごく驚きました。

ガンになった人が一番辛いと思ったので我慢することにしました。身内が病気になり入院してお世話を過去にしたことがあるのですが、こんなに大変だとは思ったことはありませんでした。身内はガンではなかったのですが、やはりガンで入院して手術そして放射線治療となるとかなり精神的に辛いものなんだなと思いました。本当に義理父が別人ように見えました。

でもガンの手術が無事に終わってからは、今まで通りの義理父に戻ってきて我儘を言わなくなりました。そしてお世話をしていることに感謝をしてくれました。ガンになるって心身ともにとても負担を感じるんだなとすごく思いました。これからもし身内がガンになった時はまた一生懸命お世話をしたいです。