コンテンツへスキップ

悩み続けた結果、辿り着いたのは家族の支え

身内を亡くした影響で、うつ病になってしまいました。

何をするにしてもやる気が起きず、会社も辞めてしまい、生きる気力すら湧かなくなり、自殺まで考えていました。

ですが、何をするにしてもお金が必要です。

病院に行くのも、食費だってお金がかかります。

貯蓄でやっていけるのは限界があり、このままでは自殺するどころか、餓死をするのではないかと思い詰め、余計に病状が悪化してしまいました。

追いつめられてしまった時は、素直に家族や恋人に相談しましょう。

一人で抱え込んでも解決しません、恋人に相談しても所詮は赤の他人なので理解を得られないかもしれませんが、その場合は家族です。

結局の所最後に頼ることになるのは家族で、ご自身が病気にかかってしまったことを恥じることなく、素直に伝えることがベストだと思います。

家族の支えで病状が良くなり、真剣に話を聞いてくれる人がいるだけで、精神的な不安なども解消されていき、病状も安定してきました。

抱え込まないで欲しいです。

頭の中で一人で悩んでいても疲れるだけで解決策は出てきません。

素直に相談できる、支えてくれる存在に頼るのがベストです。
PR|免疫細胞BAK療法とは