コンテンツへスキップ

風邪のひきはじめにはお風呂に入ろう

皆さんは風邪のひきはじめ、どう対処していますか?たかが風邪、されど風邪。風邪は私たちにとって一番身近な病気であり、治りやすい病気なだけに軽く見られがちですが、一旦こじらすと怖い病気でもあります。

 
風邪をひいてしまうのはウィルスが体内に侵入するため。健康体ならば自力でウィルスを排除できますが、疲れがたまって免疫力が低下しているとそうもいきません。

 

そのためには免疫力を上げること。手っ取り早くできるのは体温を上げることです。人は体温が1℃上昇すると免疫力が30%増加すると言います。逆に体温が一℃下がるとこの逆のことが言えます。

 
よく風邪をひくとお風呂に入らないほうが良いと言います。これは風呂から上がったあとの湯冷めで症状が悪化するため言われたことですが、現在のように密閉率が高い居住空間ではその心配はまずありません。

 

風邪のひきはじめで高熱でなければゆっくりお風呂に浸かって体温を上げましょう。首や腰、背中にカイロを貼るのも効果的。熱が上がると汗をかくのが道理ですが、汗は蒸発するとき熱と水分を奪っていきますから、汗が出たらよく拭いて、水分補給も同時に行うことが大切です。

PR|免疫力を高める最新治療|