コンテンツへスキップ

乳がんと診断されて

私が乳がんと診断された のは、36歳になったばかりの時でした。

その時、子供たちは小学校6~4年生でした。

長男とふざけて遊んでいたとき、長男が払いのけた私の手が乳房にあたって、

しこりがあることを発見しました。

母方の家系が癌家系であったため、直感で癌だと思いました。

いつかは癌になり、癌で死んでいくものだと覚悟していました。

実際、50代でおじたちは癌で亡くなっています。

幸い、初期で発見されたため、部分切除で済みました。

「抗がん剤をしてもいいし、しなくてもいい。」

主治医からはそう説明されました。

抗がん剤をしての再発率は6%、抗がん剤をしなかったら10%と言われたため、

抗がん剤をしないという選択をしました。

90%の確率で再発しないなら、苦しい思いをして抗がん剤をする必要はないと

判断したからです。

その判断に主治医は驚いたようでした。

「抗がん剤をしないと言った患者は初めて」だと。

学会で発表したとも聞いています。

10%の再発率におびえるより、90%の再発しないを私は信じました。

あれから、9年。

私は45歳になりましたが、再発していません。

選択は間違っていなかったと思っています。