コンテンツへスキップ

意外に色々なものが必要になる長期入院

がんの手術と放射線治療で入院することになった母に、病院から言われた着替えなどを色々用意してもたせましたが、入院後は様々なものを頼まれて見舞い毎に持っていきました。

入院するということは、病院で「生活する」ことになります。

小さなものは爪切りや綿棒、筆記用具、たまたま時期がきてしまったことで生理用品、起き上がりにくいときには飲み物を飲むためのストローなども必要になりました。

メイクはしませんが、髪をブラッシングすることはあります。

日々使用している櫛なども必要になりました。

病院の案内では本当に必要最低限のものしか持ち物として紹介がありません。

毎日朝起きてから夜眠るまで、自分自身が使用している細々したもの・・・それらがほぼ必要になります。

母の入院をきっかけに、自分が朝起きてから使ったものを並べていったらかなり色々なものがありました。

全部持ち込むには荷物が多すぎるものの、ストレスなく普段通り生活を試みることは入院中大切なリハビリにもなります。

事前に準備できる入院であれば、自分が一日に使用するものを見直してみると良いと思います。