コンテンツへスキップ

病気になって、学んだ事

個人の病院よりは、大きな総合病院の方が、科が多く、専門的な科もあり、検査器具も充実しているし、もしも、手術が必要になれば、直ぐに対応してくれるから、安心だと思います。
でも、現在、紹介状がなければ、予約が取れないし、診察してもらえない科もあり、初診料とは別に、保険外併用医療費が病院によって、違うみたいだけど、何千円か、かかってきます。
私が、よく、お世話なった事のある、日本赤十字センターでは、¥5400です。
だから、私は、自宅の近くに、かかりつけのクリニックがあり、そこの先生は、私の症状や心配している事を、丁寧に聞いてくれます。
そこで出来る胃カメラ、大腸カメラ、エコー、レントゲンは、何度もしてもらった事はありますが、大腸にポリープが見つかった時や血液検査で、肝機能の指数が高い時に、日赤に、紹介状を書いてもらい、消化器内科の副部長さんに、お願いしたいと言ったら、予約してくれました。
その為、日赤に行っても、待ち時間も長くならず、紹介状には、私のデーターを書いてくれたり、画像を入れてくれていたので、助かりました。
私は、糖尿病、高血圧、変形性膝関節症、頸椎椎間板ヘルニアなど、持病があるので、ノートに、飲んでいる薬、先生への質問、今までの病歴、過去の手術、今までの経過など、まとめて書いています。このノートを持って行けば、問診票にもスムーズに書く事が出来るので、お薦めです。又、良い先生の見分け方は、患者の話を真剣、丁寧に聞いてくれて、質問にも分かりやすく答えてくれる先生で、勿論、知識や、手術の上手さは、欠かせないと思います。でも、まずは自宅の近くに、かかりつけの病院を見つけておく事が、大切だと思います。

PR|がんの免疫治療の効果について|