コンテンツへスキップ

病院嫌いと病気を克服できた話

病気をすると風邪程度なら、それほど騒がず自力で治すというようなタイプの人間でした。まだ子供の頃に病院での治療を受けた際に、あまり印象が良くなかったということもあり、病院でお世話になるのは決して望んではいませんでした。

だた、しかしながらあまりにもひどい熱に魘されることになりました。そのときに自力ではどうにも治せそうにないと半ば諦めて仕方なく病院へと行くことになったのですが、私より少し年上くらいの先生が診察してくださり、そのときにすごく丁寧さを感じたことは心のどこかで安心感を持つことができました。

やがて点滴を打つことになるのですが、そのときにも看護師さんの親切な説明と優しい気配りというのでしょうか、そういう部分を見ているとやはり病気で弱っている身体と共に心も弱っているわけですから、そうした優しい気持ちを肌で感じることができると今まで何をそんなに病院嫌いになっていたのか、良い病院もあるんだと、これまでの病院嫌いを克服することができ病気も治せて本当に感謝しています。

PR|人間ドックで乳がん検査