コンテンツへスキップ

基礎がん検診の活用について

学校や会社などに所属していると、一年に一度以上健康診断を受けることがあります。多くの場合は無料ですが、一部オプションとして有料の検査を実施していることもあります。少し前からがんは国民的な病気となっていますが、初期段階では自覚症状がほとんどないことが多いので、このような健康診断を通じて明らかになることも少なくありません。反対に、定期的に健康診断などを受けていない場合には、がんの発見が遅れてしまう恐れもあります。がんは悪化すると命の危険を伴う病気ですが、初期に発見して適切に治療を行えば完全に治してしまうことも不可能ではありません。そこで、自営業などで、定期的に健康診断を受けえる機会のない場合でも、自発的にがん検診を受けることが重要です。これに関しては、地方自治体などで無料の検診を開催していることが多いので活用したいものです。精密検査などに進むと費用が生じることもありますが、早期に発見できたことを喜ぶべきだといえます。