コンテンツへスキップ

かかりつけの病院ありますか

日頃のちょっとした体の不調や、体に関する心配事、誰でもあると思います。そんな時どうしていますか?インターネットで、自分で調べますか?知人に聞いてみますか?インターネットや本に書いてある症状が、今の自分の症状とあっているのか、あっていないのかの判断って難しいですね。私の場合は、かかりつけにしている個人病院で相談してきます。その病院とは、かれこれ5年以上のお付気合いになります。その病院の先生は、専門は胃腸科ですが、一般内科、小児科も大丈夫です。先生の年齢は50歳前後の、明るく気さくな感じの男の先生です。最初は胃炎の治療で通っていました。胃腸の不調はメンタル的な影響も大きいらしく、心配性の私の話をよく聞いてくれます。先生自身も、私のような心配性の人には、気軽に相談できる医師の存在が重要である。と言われています。先生と子供の年齢が近いこともあり、こどもの学校のことなど直接診察に関係なさそうなことまで、診察室で話しています。もちろん、次の患者さんの迷惑にならない程度にしています。おかげで以前に比べ、体調面での心配事が減りストレスが軽減、胃腸の不調が減りました。みなさんも、かかりつけの病院を見つけてみて下さい。

病院にずっと通う必要がある時はできればお医者さんと上手に付き合いたいと考えるものです。
ですが、実際に病院のお医者さんと上手に付き合おうと思った時はどういう風にしたら良いかと思うものです。

では、実際にお医者さんと上手に付き合おうと思った時はどういう風にしたら良いかというと
それには行きつけの病院を見つけてそこのお医者さんとできるだけ仲良くなるように行動する
必要があります。

そして、お医者さんが忠告した事はしっかり真摯に受けて止めてそれを実行する事です。
そうしていればお医者さんも人間なので自分の言った事をしっかり聞いて守ってくれる
患者にはすごく親切にしれくれます。

逆に口では医者に媚びへつらっていてもそれが行動が伴っていなければ医者も呆れて
何も良いアドバイスもしてくれなくなります。ですから、お医者さんと日頃から良い付き合いを
したいと思うならちゃんと医者の言う事を聞いてそれを実行する事です。

そういう患者になればお医者さんと上手に付き合う事ができます。

PR|女性の人生|GetMoney|英語上達の秘訣|貯蓄|英語上達の秘訣|心の童話|アフィリエイト相互リンク|生命保険の口コミ.COM|童話|お小遣いNET|工務店向け集客ノウハウ||ショッピングカート|クレジットカードの即日発行じゃけん|マッサージのリアル口コミ.com
|お家の見直ししま専科|初値予想|